「ウェブアクセシビリティ診断サービス」を本格開始

ウェブアクセシビリティチェックサイトHARELは、2014年12月26日をもって一般公開を終了しました

NTTデータだいちは、ウェブサイトが高齢の方や障がいをお持ちの方でも不自由なく使えるウェブアクセシビリティに配慮しているかを診断するサービスを本格的に開始します。

NTTデータは、2008年に『ウェブアクセシビリティチェックサイト「HAREL®」』の公開を始め、アクセシビリティに関する研究を積極的に行ってきました。そしてこの度、さらなるサービスの向上と拡大を目的とし、NTTデータだいちへ「ウェブアクセシビリティ診断サービス」のノウハウを展開し、本日より本格的にサービスを開始しました。

「ウェブアクセシビリティ診断サービス」の概要

本サービスは、WCAG1.0(注1)並びに「JIS X 8341-3:2004 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ(注2)」に準拠した199の手順に従って、「画像に代替テキストが付いているか?(音声ブラウザソフトで情報が得られるか?)」、「マウス以外でも操作可能か?」、「色だけで情報を区別(説明)していないか?」など、専用ソフトの活用や実際に診断者がページを操作しながら対象ページごとに詳細にチェックするサービスです。

診断後は、「診断レポート(診断結果の概要と傾向)と診断結果一覧(診断項目ごとの詳細な結果)」を提示し、今後の改善に役立てていただくことができます。

今後の展開

NTTデータだいちは、昨年度、NTTデータと協力しながら、NTTデータグループ企業のコーポレートサイトや開発中の商用システムを対象にウェブアクセシビリティ診断を試行的に実施してきましたが、今年度から本格的にサービス提供を開始し、2010年度で10件の案件適用を目指します。また、将来的にはNTTデータグループ外のウェブシステムやコーポレートサイトにも積極的に展開していく予定です。

HARELロゴ

eスタッフ集合写真