那須事業所から

仕事の内容

那須100年プロジェクト

写真1:だいちハウスの前にある花壇。きれいに手入れされている。

栃木県那須郡那須町において、豊かに暮らす多世代共生の100年コミュニティをつくる構想があります。

NTTデータ那須事業所では、このプロジェクトに参画し、障がい者の働ける場を創出するのみならず、NTTデータグループ社員などの癒しの場としての活用を視野に入れ、事業開発に取り組んでおります。

業務内容

写真2:薪作りの様子
  • 高齢者向け住居『ゆいま~る那須』の清掃やメンテナンスの業務
  • 森林ノ牧場の環境整備、薪作り、放牧地帯のパトロール、牛の給餌、建物の清掃などの業務
  • 無農薬野菜の栽培

だいち村建設

写真3:改修中のだいちハウス

せっかくの素晴らしい環境を活用できないかと考え、「みんなで協力しあってだいち村を建設しよう!」ということになりました。古民家を改修して「だいちハウス」をつくることから始まりました。この古民家は、昭和25年完成の建物であり、まずは内装及び外装、そして外構へと改修工事を進め、今もなお継続して工事を行っております。

今後は、隣接の池の整備、農場の一部を使用して花壇作り、東屋作り、石窯作り(ピザやパンなどを焼きます。)などなど・・・・計画は目白押しです。だいち村民として建設に参加する方々の第二の故郷となるべく日々開拓中です。

プログラム運用

写真4:牛の給餌の様子

だいち村を中心に、村づくり、農場体験、牧場作業体験などを通じて自然を満喫し、都会の喧騒から離れて非日常生活を堪能するリフレッシュプログラムを実施しております。自然や動物とふれあい、作物を自ら育てながら、自分探しをするなど本プログラムを利用して頂ければ幸いです。

職場環境

那須事業所は、北関東である栃木県の最北端、福島県との県境に位置します。那須の夏は那須高原ほどの涼しさはありませんが、木陰に入りますとヒンヤリ涼しさを感じることが出来ます。夜になると肌寒くなることもあり、エアコンいらず扇風機で充分生活できます。冬は"寒い"の一言で、暖房は欠かせません。積雪にて車も埋もれてしまうこともあります。那須連山の麓に位置しますので、冬支度は万全を期したいところです。

作業環境は農作業、牧場作業をメインとしていますので、日々身体を動かし、動物とふれあい、その成長も楽しめ、種から育てた苗が実を結び収穫へとつながる、目に見える仕事を味わうことができます。また、自然の中で活動しておりますので、天候に左右されることもあり難渋することもありますが、汗して働くことの爽快感を得て、体力も強化され、心身ともに充実した環境におります。

事業所からのメッセージ

写真5:那須事業所のスタッフ一同

那須事業所は、障がい者と共に働く場を求め、牧場業務から出発しました。
そして、農業、さらには村づくりへとリーダー及び障がい者であるメンバーと共に歩み、着々と事業環境を整えて参りました。
最初は全てのことが初めての経験であり、不慣れな作業、障がい者への作業指導も相俟って戸惑いや葛藤もありましたが、"だいち"のスローガンである "One for all,all for one"の精神に基づき、所員一人一人の前向きな姿勢と、お互いを助け合い思いやる気持ちを大事に一丸となって乗り越え、現在に至ります。

那須事業所では訪れる全ての皆様にも、農作業にて大地の恵みや自然の偉大さを感じ、牧場にて動物と触れ合い、そのかわいさに心癒され、そしてだいち村づくりを通して童心に帰った気持ちで思い切り自然を満喫し、心と体をリフレッシュし、明日への活力を養っていただきたく思っております。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。だいち村建設に携わって、"だいち村民の輪"を広げていきましょう。皆様の来訪が何よりの幸せであり、所員一同、心よりお待ち申し上げております。