社員の声

R.K

プロフィール

R.K
(ITサービス事業部 2007年入社 在宅勤務 東京都在住)

趣味は電動車椅子での一人日帰り旅(電車を使い都内や鎌倉あたりまで)や旅行、飲み歩きです。

入社動機

ウェブ制作のSOHOでしたが、左股関節の手術で9カ月の入院により、安定した職に就こうとして再就職活動中、NTTデータで働く知人に「ウェブアクセシビリティに配慮したページを制作できる障がい者を探している」と声をかけられました。
在宅勤務の研修を受け、マナーやスキルを習得し、入社選考を受け今に至ります。

在宅勤務

昔新卒で入った会社では、私の希望で週3日在宅勤務で、週2日電車で通勤していましたが、その夏記録的猛暑で、しかも忙しく、丈夫な私でさえ体を壊しました。今は雨でも猛暑でも関係なく、業務に打ち込むことができます。

在宅勤務はコミュニケーションをどうとるかが問題になります。私の場合、言語障がいもあるため、電話やTV会議でのコミュニケーションはほとんど不可能です。でもメールやチャットなら不便はありません。業務遂行ではまじめになりますが、業務以外のチャットでは盛り上がりすぎてしまうこともあります(笑)。

在宅勤務一日の流れ

私の勤務時間は10時から18時、昼休みは13時から14時となっていて、他の人とずれます。みなさんの理解がなければ働けません。ダイバーシティの賜物です。

やりがい、苦労したこと

パソコン操作では、障がい上、キーボード上の狙ったキーを押すのがむずかしいです。透明なアクリル板に、キーボードのそれぞれのキーの位置に合うよう穴が開けてあるキーガードというものをキーボードにかぶせ、8方向ボタンでマウスポインタを移動させるらくらくマウスを使っています。かなりマヒのある左手の人指し指だけで操作するので、入力も時間がかかります。

ただアクセシビリティに関してはそれが強みに変わります。視覚障がいの友達もいるので、学問のようなアクセシビリティではなく、対象ユーザの1人として、または対象ユーザが身近にいる立場としての強みが活かせると思っています。

私のモットー

仕事は楽しく、厳しく、元気よく(爆笑)